Eikaiwa Hacks

「話す」ための英語学習メディア

TOEIC900点と950点に違いはあるのか?

わずか50点差ですが、実力的にはかなり大きな差があります。

本記事では両者のレベル差や950点の価値などについてご紹介します。

TOEIC900点と950点の間に違いはある?

TOEIC900点と950点の違いはあるのか?950点のレベル、価値、英検1級との比較を中心にご紹介します。

私はこれまで自身が運営する英語スピーキング強化スクールで、たくさんのTOEIC900点台取得者とマンツーマンでトレーニングをしてきました。

受講されるのは、当然帰国子女ではない、国内で特別な英語教育を受けたことわけでもない、普通の英語学習者の方々です。

そのような経験から気がついたことの1つに「TOEIC900点と950点の間には点差以上の大きな違いがあるということがあります。

数字の上ではわずか50点の差ですが、大きな実力差があると感じています。

私個人の狭い経験の範囲で感じたことですので、一般論として論じることはできませんが、ぜひ参考になさってください。

TOEIC900から950に到達するのは大変な苦労

「TOEIC900点と950点はどのくらい違うのか」ですが、体感的にはTOEIC650点と800点の間にある差以上の大きな差があるように感じます。

900点から950点に上げるのは、例えば650点を800点に上げるより難しいと思います。

TOEIC900点は、それなりの学歴をお持ちの方や、地頭が良い人が1年ほど本気で取り組めば、比較的簡単に取れます。人によっては半年で取れるでしょう。

大学受験の英語、特に国公立や早慶上智レベルの英語の難易度は、TOEICとは比較にならないほど高く、そういった難関大学の試験を突破した人であれば、TOEICは本腰を入れればわりと簡単に攻略可能です。

しかし、それはあくまで900点程度までであって、950点はそう簡単に突破できません。たとえ地頭が良くても、難関大卒であろうと、英語学習や英語を使う仕事に長く取り組んで初めて取れる点数が950点以上です(帰国子女や英語圏での長期留学経験者は除きます)。

TOEIC950点のレベル, 価値

事実、これまで私がお会いしてきた「日本国内で英語を勉強して950点以上」の方々は単に地頭が良いだけでなく、それなりの年数英語学習や英語を使う業務に従事されてきた方々が大半です。

950点以上の方々の英語力を900点前後の方々と比較した際、最も強く感じる違いは豊富な語彙力文法・語法の正確性、緻密さです。

単に知っている単語の数が多いというレベルではなく、自分の言葉として定着し、かつ、使える語彙が非常に豊富です。
文法的なミスというのはほとんど無く、語法も非常に正確で緻密です。事あるごとにこちらが「さすが950点以上」と唸る実力です。

リスニングも900点前後のレベルと比較すると差は大きく、聞き取りが難しい英語ニュースやインタビューなども正確に聞き取る人が多いと感じます。

スピーキングの面でも、950点以上のスコアを持っている方々は、日本における英語学習者の中では非常に高いレベルにあります。TOEIC950点以上の方ですと、VERSANTは最低でも50点、50点台後半は普通で、人によっては65点以上という方もいます。

読解力は言うまでもなく高いです。ある程度までのレベルの英文ですと、非常に「正確に」「速く」読むことができます。

TOEIC950と英検1級はどちらが上?

では、TOEIC950点と英検1級はどちらが上なのか?

これは微妙ですが、TOEIC950点のほうが英検1級より上だと個人的には思います。また、TOEIC900点よりは英検1級のほうが上だとも思います。

これまで私が実際にお会いしてきた英検1級をお待ちの方にTOEICスコアを伺うと、最低930点以上です。もちろんTOEIC L&Rにはライティングもスピーキングもありませんし、語彙レベルは英検1級のほうが上です。

また、「TOEICは950点以上だが、英検1級は受験したことがない、業務上特に必要ないので今後も受験するつもりはない」という人も沢山いらっしゃるので、単純な比較は難しいところです。

ですので、あくまで個人的な経験に基づく感想になりますが、やはりTOEIC950点取得者のほうが英検1級合格者より少しレベルが高いように感じています。

日本国内で中学1年から英語学習をスタートし、地道に勉強してTOEIC950に到達するということは、それほどまでに難しく、価値があり、すごいことなのです。