Eikaiwa Hacks

「話す」ための英語学習メディア

"you"の意味は「あなた」もしくは「あなたたち」だけではありません。「一般論のyou」日本の英語学習者が苦手なものの1つです。

知っていれば超便利ですので使えるようにしてしまいましょう。

youには「あなた」「あなたたち」以外にも超重要な意味がある

youと言えば、「あなた」「あなたたち」。言わずと知れた2人称単数・複数を表す語です。中学・高校と6年間英語を学習する中で、少なくとも私はそのように習ってきました。

英語の長文読解の授業でも、いつもyouは「あなた」「あなたたち」と訳されていました。しかし、大学受験を終え、自分で英語の勉強を始めると、"you"が持つもう1つの重要な意味を知りました。それが一般論のyouです。

「一般論」を表す意味の"you"

一般的な話をするときにも、youは主語になるのです。単に知らないだけならともかく、この意味のyouはネイティブの口語でも超頻出です。

TOEIC900以上でも「一般論のyou」は知らない

「一般論のyou」はTOEIC900点以上の方でも知らない方がほとんどです。

例を見てみましょう。まずは次の日本語を高速で英語に変換してください。

例文(日本語訳)

① 寿命が伸びると、より多くのお金が必要です

② たくさん食べた後は眠くなります

どのような英文を作りましたか?

注意したいのは何を主語をしたか、です。

"people"や"we"を主語にした人が多いのではないでしょうか?

もちろん、それでも間違いでないのですが、これらの文章はyouを主語にすることができます。

2人称のはずの ”you”が...

youを主語にすると、次のような英文になります。

一般論のyou
1. When you extend life, you need more money.
(寿命が伸びると、より多くのお金が必要です)
2. You get sleepy after eating a lot.
(たくさん食べた後は眠くなります)

「お腹がいっぱいになると、あなたは眠くなる」と言っている訳ではないのです(もちろんそういう文脈もあるでしょうが)。

「普通は、こうだよね」という一般的な話をするときにも、youは主語で使えるのです。

ネイティブスピーカーは「超」がつくほど頻繫に、この「一般論のyou」を使います。

一般人称のyouを使いこなせると一気にナチュラルな英語に

一般論のyouを知っているとリスニングでも役に立ちます。自分が英語のスピーキングをする際、主語を何にするか迷ったときにも、使えることがよくあります。

何より一般論のyouが自然に使えると、その分自然な英語に近づきます。覚えたうえで、意識して使ってみましょう!