Eikaiwa Hacks

「話す」ための英語学習メディア

TOEIC900点を取ったけど、全然リスニングに自信がない…

そんな人のために「TOEIC800点、900点からのリスニング強化法」をご紹介します。

意外に少ないTOEIC800点, 900点以上の上級者向けの学習アドバイス

上級者向けリスニング学習法

私はビジネスパーソンのための英語スピーキング強化ジム「ENGLISH Lab.」を運営しています。

「TOEICハイスコア(800点~990点)だけど、話すのは苦手、ネイティブの話も聞き取れない」という受講生と日々トレーニングをしています。

本記事は次のような学習者の方向けです。

・英語上級者(TOEICスコア目安:800点~990点)

・リスニングをさらに強化していく具体的な学習法が知りたい

・今は初級、中級レベル(TOEIC800点未満)だけど、上級に達した際のリスニング上達法を知りたい人

それでは、さっそく見ていきましょう。

TOEIC800点台, 900点台からが本当の英語学習

私のスピーキングスクールに通ってくださる方の大半はTOEIC800~990点のスコアをお持ちです。

「そんなに点数が高い人たちがまだ勉強する必要があるのか」と思う方もいるかもしれませんが、そういったTOEIC高得点者の方々には共通の悩みがあります。

具体的には「TOEICの点数が高くても、実際の会話になると聞き取れないことが多いし、思ったことをうまく話せない」という悩みです。

TOEIC800点台・900点台に達したら学習法を変える

そうは言っても、帰国子女でも長期留学経験があるわけでもないのにTOEIC800点・900点台を取れる方というのは只者ではありません。頭が良く努力家であるのは間違いありません。

しかし、そういった方が今後さらにリスニング力を伸ばすには、これまでの学習法とは異なるアプローチが必要です。

さらなるリスニング上達のための学習法

では、具体的にどのようにリスニングを伸ばしていけばよいのかをご紹介します。

魔法ではありませんし、時間はかかりますが、確実に効果はあります。

TOEIC対策のリスニング教材は使わない

まず、注意が必要なのは学習に使うリスニング教材についてです。

上級者が使ってはいけないのがTOEIC対策のリスニング教材です。理由は単純で、TOEICのリスニングは簡単すぎるからです。

すでにTOEICで高得点を持っている人がTOEIC教材を使って勉強しても、それ以上の成長にはつながりません。

ある程度のレベルに達したら、そのレベルにふさわしい難易度の高い教材を使いましょう。

おすすめのリスニング教材

では、どういった教材が「ふさわしい」のか。教材を選ぶ条件としては、

1. ナレーターがクリアな発音で話す学習用教材ではなく、可能な限り「生の音源」を収録した教材

2. しっかりした日英対訳がついているもの

3. 単語やフレーズの日本語の意味が掲載されているもの(調べる時間が省ける)

以上の3点が重要です。

生の音源にこだわる理由

ナレーター音源ではなく生の音源を使うのは、実際の会話のレベルに慣れておくためです。

会話では、一般の市販教材のようにナレーターがきれいな発音で話してはくれません。

生の音源は以下のような特徴があり、TOEICのリスニングと比べると難易度はグッと上がります。

・スピードが速い

・言い直したり、文法的に不正確な箇所もある

・単語の使い方も教材とは違う箇所が多々ある

上記3つの条件を満たせば、どんな教材を使っても大丈夫です。

TEDなどの無料教材でもいいのですが、質が高い日英対訳がついている次の2つがおすすめです。

おすすめの教材①:CNN ENGLISH EXPRESS

上級者向けリスニングおすすめ教材

月刊で、CNNで実際に放映されたニュースや討論番組、インタビューが掲載されています。

ほぼすべて生の音源で、しっかりした対訳がついており、単語の意味も大量かつ丁寧に記載されています。

毎号掲載されている「アンダーソン・クーパー360°」という音源を聞いてみましょう。現在の自分のリスニング力がどの程度なのかがすぐにわかります。

普段からこのレベルの教材を使って入れば、ネイティブとの会話に恐怖心を抱くことはなくなります。おすすめです。

おすすめの教材②:ENGLISH JOURNAL

上級者向けおすすめリスニング教材

ENGLISH JOURNALもおすすめです。

こちらもほぼすべてが生の音源で、しっかりした対訳がついており、単語の意味も大量かつ丁寧に記載されています。

毎号インタビュー音源と日英対訳付きスクリプトがついています。上級者が次のレベルに行くためにはうってつけの教材の1つです。

次は、これらの教材をどう使ってリスニング力を上げるのかを見ていきましょう。

リスニング教材の使い方も重要

これらの教材の音源を使ってシャドーイングをするのがおすすめですが、その前に注意して頂きたい点があります。

教材は的を絞って使おう

CNNとENGLISH JOURNAL、どちらを使うにしても、「1ページ目から最後のページまで全部やろうとしないこと」が重要です。

両方とも大量の情報が詰まっており、1冊すべて使い切ることは不可能かつ非効率です。自分の学習に使う部分を絞りましょう。

私が考えるTOEICハイスコア取得者の学習に適しているのは、次の部分です。これらをリスニング教材として使うことをおすすめします。

CNN ENGLISH EXPRESS

毎号掲載されている次の箇所を使います。

CNNニュース・セレクション

毎号4本のニュースのスクリプト(日英対訳付)が掲載されています。

CNNビジネス・アイ

経済ニュースやビジネス関連のインタビューが掲載されているコーナーです。

ENGLISH JOURNAL

こちらも毎号掲載されているものです。

EJ Interview 1&2

その名の通りインタビュー記事です。しっかりとした日英対訳付きで、単語やフレーズの意味も掲載されています。

毎号、通常2つのインタビューが掲載されており、1つは映画俳優や監督、もう一つは文化人のインタビューが多いです。

興味の持てるほうだけを使用してもいいですし、時間があれば両方やっても結構です。

シャドーイングでリスニング強化

上記のような教材についての注意点を踏まえ、具体的には次のような学習手順でリスニングを強化します。

1.  音源をスクリプトなしで1回聴いて、どのくらい理解できるかを確認する

2.  スクリプトを見て読解する(知らない単語・フレーズがあればここで覚える)

3.  すべて読んで内容を理解したら、シャドーイングを開始

4.  同じ音源を使って最低1週間はシャドーイングする(EJ Interviewの場合は、音源が長いため最低10日間)

シャドーイングの手順については、こちらの記事も参考にしてください。

このステップをまずは3ヶ月やってみてください。効果を実感し始めるはずです。そして、半年、1年と継続してください。

必ずリスニング力は向上し、ネイティブとの会話やニュースの聞き取りも無理なく聴きとれるようになります。

ぜひ試してください!