Eikaiwa Hacks

「話す」ための英語学習メディア

山ほどあるTOEIC対策教材。

色々あるけど、これさえやっておけばいい!

短期間で200点以上のスコアアップを数多く実現した講師が、絶対おすすめの教材を紹介します!

「TOEICの点数は単語力で決まる」と言っても過言ではない

リーディング

日本で英語力を測るテストといえば、やはりTOEICが最も認知度が高いのが現状です。

TOEICのスコアが就職・転職、昇進に一定の影響力を持っています。

「〇点以上あるかないかで生涯年収が大きく異なる」という企業もあるようです。

 

本記事は次のような学習者の方に向けて書いています。

  • 現在のTOEICスコアが400~800程度で、さらにスコアを上げたい学習者の方
この記事を読むことで次のことを知ることができます。
  • TOEIC向けの単語帳とその効率的な使い方

 

それでは、見ていきましょう。

おすすめ教材は3冊!これで単語対策は万全

私は都内で英語スピーキング強化ジム「ENGLISH Lab.」を運営しています。

スピーキングだけでなく、TOEICのスコアアップトレーニングも数多く行ってきました。

その中には、3ヶ月間で200点以上のスコアアップを達成した方も多数いらっしゃいます。

 

短期間のTOEIC対策でスコアを大幅に上げた人たちの共通点

200点以上アップを達成した方に共通しているのが、

「短期間で語彙力を一気に引き上げた」

という点です。

 

要するに

「単語をたくさん覚えた」

ということです。

 

TOEICテストのスコアは単語力が大きく左右する

「そんなことか」と思われる人が多いはずです。

単語帳で勉強なんて、目新しくも何ともないからです。

 

しかし、外国語学習において、語彙力が重要なのは当然のこと。

黙って1000語~3000語覚えさえすれば、ある意味TOEICの点数が上がるのは当然ですし、最も効率的な学習法です。

 

では、「どの単語帳を」「どのように」使えばいいのか?

おすすめはこれです。

 

キクタン3冊でTOEICの単語は攻略可能

やはりキクタンでしょう。

この3冊に収録されているすべての単語・熟語を覚えきれば、絶対に点数は上がります。

 

TOEIC単語帳

ビジネス英会話単語熟語

ビジネス英会話単語熟語

 

Amazonのレビューを見ると、特にキクタン800の評価が低くなっています。

が、私個人の意見ですが、キクタン800の収録語彙の質は非常に高いです。

 

 

800に収録されている単語は、スピーキングでも非常に良く使います。

また、600と990に掲載されている単熟語も、スピーキング強化の土台になる単語・熟語ばかりです。

特に990と聞くと難しそうに聞こえますが、実際に収録されているものは、常識レベルの単語です。

 

 

1ヶ月や2か月では、絶対に覚えきれません。

最低3ヶ月かけ、しかも必死に覚え、語彙力アップ、TOEICスコアアップを実現しましょう!

 

効率的な単語学習法でTOEICを攻略しよう

とはいえ、単語を覚えるのはつらい作業です。

 

おすすめの単語の覚え方をご紹介する前に、おすすめできない単語の勉強法について書きたいと思います。

 

おすすめできない単語の勉強法

キクタンは1120語の単語・熟語が収録されています。

これを1番最初の語から順に1120番まで意味を覚えて、また1番最初に戻る勉強法はお勧めできません。

 

なぜなら「1120語目に到達しているころには、せっかく覚えた前半600の単語はほぼ完全に忘れている」からです。

 

単語はこうして覚えよう!

そこで、以下のような単語の覚え方をおすすめします。
例えば、1日に100語ずつ覚えていくとします。
効率的な単語の学習法
1.  1~50番目までの英単語を1つずつ、それぞれの日本語の意味を確認していく
2.  50番目まで確認したら、51番目に進むのではなく、1番目の単語に戻
3.  再び1~50番目の日本語の意味を隠しながら英単語を見て、すぐに日本語の意味が思い浮かぶかどうか確認する
4.  50番目まで確認したら、またまた1番目の単語に戻
5.  上記3と同じ要領で、意味が思い浮かぶか確認し、50個すべての単語の意味が浮かぶようになったら51番目に進む
6.  51~100番目の英単語を1つずつ、それぞれの日本語の意味を確認していく
7. 上記2~5のステップと全く同じ手順で、51~100番目の英単語の日本語の意味を瞬時に言えるようにする
8. 翌日は101番目から覚え始めるのではなく、必ず前日覚えた1~100までの単語にざっと目を通す
9. 1~100までの単語を確認したところで、101~150番目の単語を前日と同じ要領で覚えていく
私が知る限り、これが最も効率的な単語の覚え方です。
このように覚えていくと、前半で覚えた単語を忘れにくくなります。
また、単語を50ずつのブロックに区切ることで、「たくさん覚えなきゃ」というプレッシャーからも多少は解放されます。
単語を覚えるのが苦手な方は、ぜひこの方法を試してください。