Eikaiwa Hacks

「話す」ための英語学習メディア

慶応大学法学部の英語はどんな問題がでるのか?志望する受験生なら気になりますよね。

2018年・2019年・2020年の英語の過去問を解いてみました。

その結果わかった問題の傾向や、合格最低点などを本記事ではご紹介します。

【慶應法学部の英語】 2018年・2019年・2020年の過去問を解いてみた

慶應法学部英語2018年・2019年・2020年の過去問を解いてみました。問題の傾向や時間配分などをご紹介します。

慶應義塾大学法学部の英語の入試問題は制限時間80分です。

実際に2018年~2020年までの3年分の英語過去問を改めて解いてみました。

以下その結果です。

年度 正答数 / 問題数 かかった時間
2020年 46問 / 48問 66分30秒
2019年 58問 / 58問 65分25秒
2018年 50問 / 53問 66分10秒

全問正解は2019年のみで、それ以外は数問間違えています。

「どっちも正解でしょう」というような紛らわしい選択肢や、「そんな細かい知識を受験生に聞いてどうする」というような問題が3年間で数問ありました。

「確かに難易度は高い入試問題だが、決して恐れる必要はない」というのが正直な感想です。

次に、慶応法学部の英語の出題形式や傾向や、注意すべき点などをご紹介します。

問題形式&傾向 - 英語の配点が大きい

まずは押さえておくべき慶応法学部の入試、英語科目の基本情報です。

慶應法学部英語の基本情報
  • 制限時間80分
  • 200点満点
  • マークシート形式(記述はなし)
  • 大問4つか5つで構成(2019年は大問4つ)
  • 設問もすべて英語
  • 読解問題中心
  • 発音問題もある
  • 語彙問題や穴埋め問題もあるが、それらも大半が論説文や会話文の中に登場
  • 堅い内容の論説文だけでなく、くだけた言葉使いの会話文も毎年出題される
  • 豊富な語彙力が問われる(ことわざや口語表現も覚える)
  • 英文の話題は、芸術・司法・移民・メディア報道・フェミニズム・違法薬物対策など多岐にわたる(日頃から様々な文章に触れ、考えることが大事)

慶応大学法学部の入学試験は、英語・歴史科目(日本史 or 世界史)・論述問題の3科目で構成され、400点満点です。

そのうち英語だけで半分の200点を占めます。英語の点数が合否を分けるといっても過言ではありません。

時間配分には特に注意が必要

特に注意すべき点は時間配分です。

80分の試験時間は、受験生にとっては短く感じるはずです。

毎年最後の大問に長文読解が出題されます。語彙レベルも高く、たまに選択肢にも紛らわしいものがあります。

すべての問題を時間内に解き終えるためには、大問が4つでも5つでも最後の長文読解に入る前に40分は時間を残しておきたいところです。

合格点は何割?

直近4年の3科目の合格最低点です。満点は400点です。

法律学科と政治学科で合格最低点が異なります。

年度 満点 合格最低点(得点率)法律学科 合格最低点(得点率)政治学科
2021年 400点 234点(58.5%) 235点(58.8%)
2020年 400点 252点(63.0%) 258点(64.5%)
2019年 400点 227点(56.8%) 224点(56.0%)
2018年 400点 246点(61.5%) 249点(62.3%)

この結果を見ると英語では200点満点中、最低でも130点は取りたいところです。

目標は140点以上でしょう。

慶応法学部の英語は難しいが恐れるほどではない

まとめです。

慶応大学法学部の英語
  • 200点満点のうち140点以上取りたい
  • 試験時間80分のうち40分は最後の大問(長文読解)に入る前に残しておきたい
  • 堅い内容の論説文から会話文まで多彩な英文が登場
  • 豊富な語彙力(ことわざや会話表現も含む)が不可欠

慶応法学部の受験を考えているみなさん、悔いが残らないよう最後までがんばってください!