Eikaiwa Hacks

「話す」ための英語学習メディア

「TOEICで900点を取ったけれど、話せない」という悩みを抱える900点ホルダーは数多くいらっしゃいます。

この記事では「TOEIC900からの効果的な勉強法」「TOEIC900を超えたら何をどう勉強すべきか」という点について、ご紹介していきたいと思います。

TOEIC900点台 -「その後の勉強法」は情報量が少ない

OEICは900点以上だけど話せないを克服するための勉強法を紹介します

英語学習者の中には、海外での長期滞在経験なしで、日本で英語を勉強してTOEIC900点台を取得された方がたくさんいらっしゃいます。

厳しい大学受験を突破した有名大学出身者でもTOEIC500~700点台が大多数であることを考えると、これは素直に賞賛されるべきことです。

しかし、そういった学習者の方の多くが口にする悩みがあります。

「TOEICの点数は高いけれど、スピーキングはすごく苦手」「TOEIC900点を取ったけど、その後の勉強法はどうしたらいいのか分からない」といった悩みです。

私は仕事柄、そういった日本での英語学習のみで900点台を取得した方々と毎日のように接してきました。

そこで、この記事では、英語を話すのは苦手なTOEIC900点台のための勉強法をご紹介したいと思います。

「TOEIC900からの勉強法」は逆転の発想が不可欠

大学受験でもTOEICでも、日本の英語試験のほとんどが「英語を読み(又は聞き)、その内容をどの程度理解しているかを問う」ものです。

こういった試験で試されるのは、「英語→日本語」の回路です。英語を日本語にする力が試されます。

試験がこの方式なので、試験を突破することやTOEICなどでハイスコアを狙う学習者も、当然そのための対策をしてきます。

つまり、そういった試験を突破するために、学習者は「英語を日本語にする力」を鍛え上げるための勉強をしてきます。

しかし、英語を話す(又は書く)際に問われるのは、「英語を日本語にする力」ではなく「日本語を無理やりにでも英語にする力」です。「日本語→英語」の回路です。

そのため、TOEIC900点台を取得した学習者が英語をより流暢に話せるようになるために必要な学習というのは、これまでの学習法とは完全に逆方向の回路を鍛え上げる学習法なのです。

英文は日本語に訳せるが、その逆はできるか?

日本語を英語にする作業は、英語を日本語にするより格段に難しい作業です。

試しに、市販の英語学習教材を1冊お手元にご用意ください。ご自宅にあるもので結構です。市販の教材であれば、英文テキストとともに、それに対応する日本語全訳が載っているはずです。

その日本語訳だけを見て英語に変換してみてください。日本語を見てスラスラ英語に変換するのは難しいはずです。

しかし、英語を話す時に要求される能力というのは、この日本語を英語にする力です。

TOEIC900点からの勉強法でお悩みの方々は、ここを徹底して鍛え上げるべきです。

英語を読んだり、聞いたりしてその内容理解を問う勉強法は卒業し、市販テキストの日本語訳を見て英語に変換するトレーニングに切り替えましょう。

TOEIC900点を超えたら市販教材の日本語訳を英語に変換しよう

このようにTOEIC900点を超えた学習者は、テキストの日本語訳を英語に変換する勉強法に取り組むべきです。

ここでは、TOEIC900点台取得者の日英変換トレーニングに適した、分野別おすすめ市販教材をご紹介します。

ニュース

幅広い分野についての語彙や表現を学べるという点で、CNNをはじめとしたニュース教材はお勧めです。

CNN ENGLISH EXPRESSやCNN Student Newsには、必ず英文に対応する日本語訳が掲載されています。

その日本語訳を見て英語に変換する練習を繰り返しましょう。

cnn english express

cnn student news

インタビュー

イングリッシュジャーナルは、生徒さんにもいつもお勧め教材としてご紹介しています。

特に毎号収録されている有名人のインタビューや、ネイティブ同士のおしゃべりのコーナーはお勧めです。

イングリッシュジャーナル

こちらも丁寧で質の高い日本語訳が英文の横に掲載されています。この日本語を見て、英語に変換する学習に是非使ってみてください。

ビジネス

ビジネス英語であれば、杉田敏先生の教材はすべてお勧めです。

TOEIC900点台であっても、杉田先生の教材を簡単だと感じることはまずあり得ません。

こちらも丁寧な日本語訳が掲載されていますので、その日本語訳を英語にしましょう。

そして、知らない語彙や表現が登場したら、片っ端から覚えてしまいましょう。

杉田敏先生の実践ビジネス英語

日本の文化・生活

日本の身近な文化や生活を外国人に伝えたいという方には、こちらの教材がお勧めです。

居酒屋や自動販売機、弁当、先輩後輩といった身近な話題が収録されており、非常に質が高い教材です。

英語で伝えたいいつもの日本

英語で伝えたいふつうの日本

こちらも日本語訳が英文テキストの真横に掲載されています。

英語を日本語に変換するのではなく、日本語を英語に変換する学習にトライしてみましょう。

資格(英検、TOEFL等)

英検やTOEFLといったスピーキングテストがある資格試験を目標にしている学習者の方にも、日英変換トレーニングは効果的です。

日本語訳を見ながら英語にスラスラ変換できるまで各トピックについて練習し、知らない表現は覚えてしまいましょう。

英検1級スピーキング

toefl スピーキング対策本

TOEIC900点を超えても英語学習は続く

私自身、帰国子女でも留学経験者でもないため、TOEIC900点以上でも英語をうまく話せないという悩みはとてもよく理解できます。

この記事でご紹介した日英変換を中心にした英語学習を10年以上続けています。英語を使う仕事をしているため、現在も同様の学習を続けています。

こういった日英変換を中心に据えた学習法については、元首相通訳の中川浩一さんも効果的な外国語習得術として紹介されています。

元首相通訳・中川浩一の世界でビジネスをするための外国語習得術

また、より具体的なスピーキング練習法については、こちらの記事でもご紹介しています。ぜひご覧ください。

「TOEIC900点を超えたら何をどう勉強したらいいのか」とお悩みの方は、ぜひ本記事や関連記事で紹介した学習法を試してみてください。